2017年03月05日

残されたボール

「今日は目茶目茶で・・・出直してきますふらふら。」

と一言残して帰られた方。

帰られた後でスタッフが私に、

「そういう時って『もう少し打とうexclamation』とか思わないんですかねぇ

と尋ねてきたので・・・

状態が悪い時、突然良くなることはゴルフではまず無い 

人間、状態が悪いと余計に力が入ってしまうもの。

力が入れば身体は更に動かなくなって腕だけで振ってしまう。

そうなればドツボハマるだけ。 

(切り上げたのは)正しい選択だね。

これもまた成長の証だと思います。

その方の使った打席には15球ほどボールが残されておりました。

相当悩まれたんでしょうね。
posted by スポーツパーク世田谷スタッフ at 18:55| Comment(0) | 日記

2016年12月15日

触発

まあ、有りがちなことです。

他人を見て

触発されちゃう

ってのは。

ただ考えねばならないのは

自分と相手は別の人間だ

ということなんです。

年齢も体格も違うでしょう。

他にも色々と違うことばかり。

それらを頭に入れずに同じ、いや同じようなことをすると

色んな意味でケガをする

場合があるのです。

どうやら先日此処で会った他のゴルファーの方に

触発

されてスイングしたら

「腕の関節を痛めちゃった・・・軽くだけどたらーっ(汗)。」

大事に至らず幸いでした。

それにしてもゴルフってのは

他人のことを意識すると痛い目に遭う

スポーツですね。

posted by スポーツパーク世田谷スタッフ at 18:33| Comment(0) | 日記

2016年11月04日

池ポチャ・・・しないためには?

先日2やってしまったとのこと。

これは以前も書いたと思うのですが、

は必ず地面よりも低い位置にある

のです。

それなのに、皆さん何故か

必要以上に高い球

を打とうとされるんです。

地面よりも低い位置にある

ということは、少しでも球が上がれば越える

「ピンにピタッと寄せてやろうexclamation

そんなイメージを持ち、必要以上に上げようとすることで余計なミスが出るのです。

状況次第では確かに高い球を要求される場合もあるでしょう。

ですが、それ以外にも道があるならば選択肢として考えるべき。

でも本当は何よりもシッカリとスイングしボールを捉えることが重要なんですけどね。
posted by スポーツパーク世田谷スタッフ at 14:16| Comment(0) | 日記