2015年11月23日

灯台下暗し

どうしても比べたくなる

自分と他人

それは仕方ない。

「PWだと普通はどのくらい飛ぶんですかねぇ

普通・・・と言われましても、

一体誰を『普通』と呼ぶのか

ハッキリしません

例えば100ヤードと言って、その方がその距離を飛ばないとします。

そうすると

100ヤード飛ばさなきゃexclamation

としてしまう。

無駄な力入り、スイングが崩れる

悪い方向へと進んで行ってしまいます。

飛距離に関しては足りなければ番手を上げれば良いし、ユーティリティーウッドを使って補うことも出来ます

もちろん限界はありますがたらーっ(汗)

ただ左右のブレについては道具では補えません

あくまでご自分のスイング動作によって生じる問題ですので。

ゴルフは飛距離を競うスポーツではありません。

合計打数重要なのです。

大切なのは

自分を中心とした半径m程度の円の中で如何に無理なく、正しい動作を行なえるかexclamation
※円運動という意味ではありません。それから円のサイズは体格によって異なりますので悪しからず。

です。

その先で何が起こるかは

その結果

でしかないんですからね。
posted by スポーツパーク世田谷スタッフ at 17:13| Comment(0) | 日記

2015年11月21日

勝てば官軍(負ければ賊軍)

の世界というのは

勝てば褒められ

負ければ叩かれる

のが宿命です。

戦いを終えた後でについてアレコレ言っても、それはあくまで結果論

勝てばどんな策でも良しとされ

負ければダメと言われる。

要は

勝てば官軍

ということなんです。

は下駄を履くまで分からない

とはよく言ったものです。

あの場に立っていた選手、監督、コーチ、その他の関係者の誰もが

勝ちたいexclamation

と思っていたのは間違えのないこと。

観ていたファンは

勝ってほしいexclamation

と思っていたでしょう。

でも相手がいる以上、思い通りにはならないことも起こり得る。

今回の世界野球プレミア12厳しさ難しさを改めて教えてくれた気がしました。
posted by スポーツパーク世田谷スタッフ at 17:36| Comment(0) | 日記

2015年11月17日

上手く行くと・・・上がり過ぎ

上手くボールの下にクラブが入る

と、思ったより飛ばない

上がるけど・・・飛ばない

こうなると目標までの距離を頭に入れ、

「よし、このくらいで振れば良いだろうわーい(嬉しい顔)exclamation

と打つと、感触は悪くないのに距離届かないふらふら

これではバンカーがあれば入ってしまう可能性があります。

飛距離

それは自分の打ちたい方向へ出したいモノであって、上空へ向かって出したいモノではないはずです。

自分の飛距離伸ばすためには

シッカリと振り、そしてキチンと捉える

ことの方が大切なのです。

そうすれば打球は上がり過ぎでない程度の高さが出るようになります。

上に上げるとしても、その高さ十分ですよ。
posted by スポーツパーク世田谷スタッフ at 17:29| Comment(0) | 日記